個人的2013ベスト1映画『きっと、うまくいく』。 笑って泣いてまた笑う、めちゃくちゃハッピーな映画です!

2020年9月3日

今年2013年の個人的テーマは「見」でした。

いろんなものを見よう!と意識した一年、中でも映画はかなり見たと思います。(と言っても、”自分的に”なので、ほんとに映画好きな人に比べたら全然ですが……(^^;)

そんな2013年を振り返って、一番面白かったおすすめ映画を上げるとすれば、これしかない!

2013年イチオシ映画 きっと、うまくいく

喜怒哀楽全部入りインド映画『きっと、うまくいく』

きっと、うまくいく

これ、めっちゃ面白かった!コメディーあり、シリアスあり、サスペンスあり、恋愛あり……喜怒哀楽すべてが詰まって最後はハッピーエンドな、めちゃくちゃ楽しい映画です。

ただ楽しいだけの映画ではありません。社会に対する問題提起がグッと込められています。

産まれてすぐに親に自分の将来を決められ、それに応えるために超学歴社会を生き抜かなければいけない。落ちこぼれたら人生終わり。

そんなインドの競争主義教育の中で若者がどれだけのプレッシャーを感じながら生きているのか。「教育」とは何なのか。そんなテーマもしっかり描かれています。かなり重いシーンもあります。

インドの若者の自殺率が高いこと、その理由の1つに学業不振があることを初めて知りました。日本以上の競争的な教育環境なのかもしれません。

とはいえ、元のタイトルが「3 Idiots」、つまり「3バカ」ということもあり、全体的にはランチョ―、ファルハーン、ラージュ―の3バカトリオの破天荒(主にランチョーが)な学園コメディです。

↑ではDVD版のリンクを貼ってありますが、私はブルーレイ版を買いました。

DVDでもいいんですが、結婚式のシーンの極彩色やラストの雄大な空・山・湖・白い浜……みたいに、色彩がすごく印象的だったので。DVDとブルーレイでほとんど値段変わらなかったし、だったらブルーレイで!と思ったわけです。

↑の私が買ったサントラ、MP3で1曲毎にダウンロードも出来るみたいなので、興味のある方はぜひ聞いてみてください。元気になる曲なのでオススメです!

歌詞の読み方や日本語訳はこちらのブログが詳しいです。「みんなで歌おう『きっと、うまくいく』<1>「Aal Izz Well」 – アジア映画巡礼

わたしはこちらのブログの、歌詞のカタカナ読みを見ながら曲を聞きまくりました。1番はだいたい歌えるようになりましたよ!(・∀・)

ちなみに映像特典の方にもAal izz well のヒンディー語&カタカナ字幕付き映像が入っているので、こっちで映像見ながら歌うのも楽しいです。(こちらも最後の方は閲覧注意なのですが……)

そんなわけで、笑って泣いて元気になるインド映画『きっと、うまくいく』の紹介でした。DVD版はレンタルもあるみたいですね。(きっと、うまくいく DVD – TSUTAYA online)長い映画なので、お正月休みにでもじっくり見てみてください!

それでは!(^∀^)ノ

スポンサーリンク