反応しない?壊れた?そんな時……ワコムのペンタブのペンを新品に替えたら今までのやつとの違いにビビった。

2018年1月30日

一週間ほど前に、ペンタブのペンを新品に買い替えました。

前日まで普通に使えていたのが、急に筆圧感知がおかしくなってしまったんです。「これはもしや、壊れた……?」ということで、思い切ってペンを交換することにしました。

買ったのはプロペン。今まで使っていたのは標準ペンです。

3週間ほど使ってますが、今までのペンとの違いにビビりまくり。

プロペンと標準ペンっていう種類の違いなのか?それとも新品かどうかの違い?よくわかりませんが、確実に言えることは二つ。

反応が悪くなったりした時は、ペンを新しくすると劇的に変わる!

……でも、替えのペン高いよ!!(>_<)

ペンタブのペンを買い換えた。

この記事で言いたいこと

  • ペンタブのペンには寿命がある!
  • プロペン標準ペン、それぞれに特徴がある
  • 新品に変える効果は抜群!
  • もうちょい安くして、Wacomさん!

きっかけ:ペンタブで描いた線が急に太くなった(気がした)。

今月(8月)初め。同心円練習をしていて、なんか微妙に違和感を覚えました。

いつもと同じ力加減で描いてるのに、線が太い……。

入り抜きもなんだかぎこちない……。

8月5日の時点ではこんな感じの線だった。

2016年8月5日の同心円練習

8月8日、線が太くなった。(画像は、元に戻そうと設定いじった後)

2016年8月8日の同心円練習

筆圧設定をチェックしたり、タブレットドライバをアンインストール&インストールし直したりしたけど、違和感は消えず。

ペンタブのペンは消耗品?

ピンときたのは、以前Twitterで見かけたこのまとめ。→Intuos4のタブレットペンは劣化する? – Togetterまとめ

ペンタブのペンは古くなると筆圧感知が大きくなって、同じ力で書いても線が太くなっちゃうらしい……。

Amazonのレビューには、「壊れやすい」という多数の声。(標準ペン)

また、「定期的に買いかえる消耗品(だからもっと安くしてほしい)」という意見も。(プロペン)

今のペンは数年前にintuos4(現在も使用中)買った時についてきた付属品だから、とっくに寿命だったのかもしれません。よくもった方かも。

どうせ買うならプロペンを買ってやる!!

Wacomのペンタブのペンは2種類。ひとつは、標準ペン。私がこれまで使っていたのもこれと同じタイプです。

一方のプロペン。Amazonなどのレビューではおおむね好評ですが、中には標準ペンのほうが良いという人も。

しかし、良いか悪いかは自分で使ってみなけりゃわからない。ってことで、ものはためしでプロペンを購入。(ただしめっちゃ高かった……値段二度見したよ……)

プロペンの付属品

届いた箱を開けると中にペンケース。わりとしっかりした作りのケースです。

プロペンのペンケース

この中に、

  • ペン
  • 芯抜き
  • カラーリング(緑・黒・赤)
  • 芯(標準芯)9本

が入ってます。

プロペンのペンケースの中身

私は筆圧が高くて芯がすぐすり減っちゃうので、芯がたくさん入ってるのはありがたいです。

びっくりポイント1:線の太さがぜんぜん違う!!

新品のプロペンでさっそくためし書きしてみて驚愕きょうがく

同じ筆圧で書いても線の太さがぜんぜん違う!(@_@;)

新品で書くと、弱く書いたところはちゃんと線が細くなります。

以前の標準ペンと新品のプロペンで線を書き比べてみた画像です↓ 新しいペンと古いペンで書き比べてみた

ただ、これは新品だからなのか、プロペンと標準ペンの違いなのか……わかりません。

とりあえず、古い標準ペンと新品のプロペンでは線の太さが違う!ってことは確かです。

(ひとつ注意!Intuos4でプロペンを使うときには最新のドライバをインストールする必要あり。)

びっくりポイント2:プロペン is 軽い!!

blog_20160901_07
画像: かわいいフリー素材集 いらすとや

Amazonのレビューで多かったのが、「プロペンは軽い!」という声。

Wacomも「長時間の使用にも疲れにくいプロのためのペン」をキャッチコピーにしています。商品詳細 プロペン/ワコムストア

じっさいに使ってみた感想は、「たしかに軽い!」

  • 標準ペン……持つと重みを感じられるバランス。これはこれで書きごたえがある。
  • プロペン……重みを感じない。うたい文句の通り疲れにくそう。

重さも調べてみました……が情報が少ない!Amazonの商品仕様によると、

  • プロペン……18グラム
  • 標準ペン……181グラム

……って、いやそんな10倍も違わないでしょ!Σ(・∀・;)

でもたしかに、プロペンの方が軽い感じがします。

プロペンと標準ペンの違い(重さ以外で)

プロペンと標準ペン、重さ以外を比較してみます。

書き心地

  • プロペン……比較的ペン先が硬いかんじ。
  • 標準ペン……柔らかいGペンみたいなかんじ。

見た目

形はほとんど変わりません。

リングの色が、プロペンは青、標準ペンは黒です。

グリップ

標準ペンは分解してグリップ部分を交換できるらしい(やったことない)

↑プロペンではこれができないのがマイナス、という人もいるみたいです。

筆圧設定は新品に合わせて調整の必要ありかも

上で書いたように新品のペンは弱い力でも筆圧感知します。

なので、CLIP STUDIO PAINT等で古いペンに合わせていた筆圧設定を調整しないといけません。(参考リンク→CyberStage-Diary Intuosのペンは意外に寿命が短い?新品と交換&検証レポ

(私は前の設定キャプチャする前に筆圧設定いじっちゃったんで、前のがどんなだったかもはやわかりません……)

プロペン is 高い!!

プロペン高い!
写真: ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

最後に声を大にしていいたいんですが、プロペンたけーよ!

Wacomストアだと8,640円。Amazonでも7,058円7,336円。これはちょっと、買うのをためらう金額。

ちなみに標準ペンはWacomストアで6,480円、Amazonで4,849円。こっちは、Amazonの金額ならまあ、そんなに驚く金額ではないかな~?うーん。

ペンケース無しでいいんで、プロペンのほうをもうちょい安くしてほしいです……。

(※価格は2016年8月現在のものです。2018年1月30日現在の価格です。

2018-01-30追記

プロペン2というのも発売されました。

私も現在はプロペンとプロペン2を使用中。細かい描写はプロペン2、ガシガシ描く時はプロペン……という使い分けをしています。(タブレットはIntuos Pro Mを使用)

プロペン2については別の機会に記事にしたいと思います。気になることを1点だけ書いておくと、「芯の減りが早い気がする」……です(^_^;)

まとめ

そんなわけで、今回のまとめ。

  • ペンタブのペンには寿命がある!
  • プロペン標準ペン、それぞれに特徴がある
  • 新品に変える効果は抜群!
  • もうちょい安くして、Wacomさん!

とくに最後のやつ。今回買ってみてプロペン気に入ったので、きっとまたリピートすると思いますが、できればもう少し安くしていただけるとありがたい……。

とはいえ、ペンの反応が悪い・反応しない等、どうも調子が良くないな……という人は、買い替えを検討してみると良いかもしれません。(または、芯を交換してみるという手もありです。これだけで改善することもあります)

なにはともあれ、これからしばらくこの新しいペンと一緒に書きまくっていきたいと思います。

ではでは~(^ワ^)ノ

関連記事

※以下は、ペンタブのペン買い換えたほうがいいのか悩んでる人(数週間前の私だ)への参考リンク。

スポンサーリンク