LAST Aice5 DVD感想その10

2014年10月9日

去年の3月から日記で書いている、『“Aice5 Final Party LAST Aice5″in横浜アリーナ』DVD感想シリーズ、第9回です。

今回は、14曲目「five arrows」~15曲目「友情物語」まで。

14.five arrows

チアキング作詞の、チェケラッチョ的なマインド全開の曲。和風の衣装でこの曲、という意外な組み合わせが面白い。

サブステージの上で、ピンクの照明に照らされて踊る5人がかっこ良いです。とくに、衣装の袖をひるがえすような振り付けがかっこ良すぎる。

後半のラップの部分の合いの手「FOXYー!」「ジューシー!」とかを会場全体で言うのが楽しかったなぁ。

青い光の会場の中で、ピンクの照明で照らされるサブステージ。なんか神秘的というか、不思議な空間ですね。

ちなみに当日は、音が反響するせいか自分の席では音が遅れて聴こえてきて、ちょっとノリづらかった記憶があります。(^^;)

15.友情物語

「five arrows」から、雰囲気がガラッと変わります。この切り替わりも楽しいなぁ。

たいへんたいへん!

最初の「大変大変たいへんとー」のところで、サブステージ上をくるくる走り回るメンバー。このドタバタ感がたまらない!

この曲は振りがつくと歌詞の通り「たいへん」な状態で、あちこち走り回りてんやわんやな感じになりますが、そこが見ていてすんごく楽しい。(メンバー的にはつらいようですが……(^^;)) なので、個人的にはCD版よりも振りのついたライブ版の方がより好きかも。

で、走り回って疲れたせいか、最後の「なっかっなおりよっ」を歌い忘れるリーダー。

リーダー「うっかりしてた!」

これ、コメンタリーでリーダーが自己申告しなきゃ気づかなかったかもしれないのに。(^^;)

ともあれ、これで「和」のコーナーは終了。Aice5のみなさん、ダンサーさん、おつかれさまでした!

関連記事

スポンサーリンク