2次マでFaceRig対応のLive2Dモデルを販売開始しました!

2019年5月12日

4月中ずっと作っていたものがようやく出来上がりました!
パンツスーツ姿のOL風お姉さんのLive2Dモデルです。

※下のLive2Dモデル表示にはLive2D用WordPressプラグインを使っています。
※そのままだと当ブログではうまく表示できなかったので、コードの一部カスタマイズしています。
※スマホだと縦に引き伸ばされて表示されちゃうかも……

FaceRigに対応しています。
※FaceRigとは……webカメラを使い検出した自分の顔の動きや表情を、アバターに反映させられるソフトウエア。

FaceRigを使うと、Live2Dモデルをこんなふうに動かせます。

スポンサーリンク

表情やポーズなど

キーを押して表情やポーズを変化させることが出来ます。

  • Zキー……赤面
  • Xキー……涙
  • Cキー……腕組み
  • Vキー……笑顔閉じ目
  • A,S,Dいずれかを押している間……バイバイの手に切り替え(両手)
    • (Shiftキー+左右ドラッグで腕が動きます)
  • Qキー……頭を振って髪を揺らすモーションを再生。

正直かなり地味なモデルです

はっきり言ってあまり派手さの無い、地味なモデルです。個性を前面に押し出す必要のあるVTuberには不向きかもしれません。

ですが、その地味さを生かして、何かの解説役などに使ったり出来るんじゃなかと思います。

価格

書き出しデータは5,000円。
編集可能なオリジナルデータは15,000円です。

制作コンセプト

制作の目標は、「Live2DやFaceRig用モデル制作の基本的な部分を固めること」でした。 ベーシックなFaceRig用モデル制作を通して、Live2DとFaceRigの勉強をすることが目的です。

技術レベルは「今の自分が丁寧に作って、1ヶ月で完成させられるレベル」に設定しました。

  • 地味だけど使いやすいものを丁寧に作ること
  • 「すごいものを作ろう!」と欲張らないこと

の2点を心がけました。

気がついたこと

  • Live2Dテンプレートは、メッシュ・デフォーマ・パラメータを付ける時間の短縮に役立つ。
    • ただし、関連付けを丁寧に行うことが重要。
  • メッシュ割りを丁寧にやると、きれいに変形できる。
    • 特に髪。
    • 結果的に時間短縮につながる。
  • メッシュ全体のシルエットを崩さないようにする。
    • 形状変形時も同じ。
    • 絵の輪郭ではなくメッシュの輪郭を整えるよう意識する。
  • 絵の流れに沿ってポリゴンが整然と並ぶようにメッシュを割る。

参考サイト

Live2D案内

Live2DとFaceRig用モデルに関する情報が網羅的にまとまっています。情報量がハンパない。
FaceRig用モデルの設定やLive2Dモデル作成手法についてはだいたいこのWikiを見とけばOKじゃないかと思います。

【FaceRig】FaceRigに関する全記事まとめ|CGメソッド

こちらもFaceRigとLive2D関連の情報がまとまっています。

また、Live2D+FaceRigのメイキング本も出されています。

[技術書典6]Live2D+FaceRigメイキング本 – CGメソッド – BOOTH

まとめ

初めてのLive2Dモデル販売。FaceRigも初心者です。不慣れな点が多いので、不安だらけです。

なので、アドバイスや要望等いただけると非常にありがたいです。

マシュマロやTwitter、ブログのコメント等でぜひお気軽にご意見お寄せ下さい!

スポンサーリンク